切手コレクター

切手コレクター

同一の構図を持つ切手のデザインについて

切手には記念や特殊、普通などの種類が有ります。
記念や特殊と呼ばれているものは、発行枚数が決まっているもので、郵便局で販売が開始され完売になった後は専門店に行って購入する事になります。
一方、普通と呼ばれているものは、普段郵便ハガキ、封筒などに貼り付けて使うタイプで、郵便局などに行けば何時でも購入出来るタイプです。
種類が豊富に在るので集める楽しみも広がりますが、同じデザインでも発行された年度により構図が異なるタイプも在ります。
例えば、1円切手と言うのは時代毎にデザインが異なるのが特徴で、同じ構図(郵便の創設者でもある前島密氏の意匠)でも、そこに描かれている文字に違いが有ります。
現在は「NIPPON」と言う表記と額面には「1」と記載が在りますが、一昔前のものには「日本郵便」と言う記載が行われていました。
更に、時代を遡った頃のものには、額面が「1」ではなく、「100」(00の数字には下線が入っています)の様に記載が在ります。
尚、額面のゼロの数字の下の下線はその時代の通貨として利用されていた「銭」を表しており、この時代の切手の中には1円50銭や10銭と言った額面の切手も販売が行われているなど、時代毎にデザインなどが異なっているなど、集める楽しみを広げてくれます。

豊富なデザインの中から特別な切手を選ぼう

最近、どなたかに手紙やハガキを送られましたか。
パソコンや携帯電話が普及しているため、なかなか手紙を書く機会がないでしょう。
だからこそ、手紙をいただくと、とても嬉しいものです。
もし、ご自身が手紙を送るのならば、素敵なデザインの便箋を選び購入されると思います。
しかし、選ぶものを便箋だけで終わっては非常にもったいないです。
他に喜ばれるもの、それは「切手」です。
切手の種類の豊富さに、驚かれると思います。
美しい風景や世界遺産、アニメなどの有名なキャラクター、キラキラ輝く星座、美味しそうな食べ物、綺麗な花などたくさんの種類があります。
季節によっても販売内容が変わり、新しいデザインが続々出ています。
それ以外には、発注をすればご自身のオリジナル切手を作ることができます。
可愛い子どもの写真や家族みんなの写真、自慢のカメラで撮った風景写真、可愛いペットの写真などから作ることができます。
素敵な便箋におしゃれな切手を貼ったお手紙やハガキは、お相手の方との大切な縁を育んでくれるでしょう。

Favorite


豊富に中古車を揃え熊本で販売しております

2020/7/30 更新